プロペシア ミノキシジル

ミノキシジル5%配合リアップとプロペシア・フィンペシアの発毛効果比較

今回は、ビックな対決の模様をご紹介します。名付けて、『プロペシア(フィンペシア)VSリアップ』です。リアップといえば、大正漢方製薬が出している商品、一方プロペシアは医師が処方するれっきとした薬剤。どちらが発毛・育毛を促すのか、ザ、マッチです。

 

リアップの特徴

【メリット】

  • 市販されているので手軽に購入できる。
  • ミノキシジル5%配合。

※ミノキシジルは、血管拡張剤として開発された成分です。血行をよくする効果があるため、発毛効果があるとして、発毛剤に含まれるようになりました。
【効果データ】

  • 頭皮全体的に改善が見られたのは4.3%。
  • 頭皮の中で、薄くなっていた部位に改善が見られたのが50.7%。
  • 多少の改善が見られたのが38.6%

【デメリット】

  • 頭皮が荒れている場合(湿疹やかゆみがある場合)は使用できない
  • 女性は利用できない(女性には女性用のリアップ製品有)
  • 稀に副作用があり、頭皮がかゆくなるなどの症状が出る。

 

プロペシアの特徴

【メリット】

  • 医師の処方の元、手に入れることができるので、安心感がある。
  • 体の中のホルモンを調整することで、発毛促進につながるので抜け毛自体を防止することができる。

 

【効果データ】

  • 20代男性で、分け目、後頭部に薄毛が目立ったのが、4か月後には薄毛がめだたなくなった。
  • 30代男性では頭頂部が薄毛に悩んでいたが、4か月後には一切薄毛がない状態に変化。

 

【デメリット】

  • ジェネリックにしないと、高額になる。
  • 処方してくれる病院が地方では少ない。

 

頭皮のトラブルで、抜け毛・脱毛に悩む方は多いです。その中で、リアップが使えない方も多いでしょう。しかしプロペシアであれば、ジェネリック医薬品のフィンペシアもあり、体の中からトラブル解消していくものです。根本的な解決をしたいのであれば、医師の処方の元、トラブルの原因から解決方法を見出すことが必要でしょう。